「未分類」カテゴリーアーカイブ

写真加工・掲載拒否

写真加工は、ホームページでお客様から指名を獲得するために有効な手段です。たとえば、ウエスト周りが気になるときは少し細くする、バストが寂しいと感じたら豊かにするなどの工夫が行われています。お客様側からはパネルマジックと言われることもありますが、実は写真加工が女の子のプライバシー保護になっていることも事実です。

ホームページに写真掲載をするとき、顔出しNGの女の子は顔にモザイク処理が行われます。しかし、全身のスタイルを見て身内バレしてしまうケースも0ではありません。特徴的なホクロやアザがあるとバレてしまいやすいですが、写真加工によってこれらを削除することも可能です。ホームページを見たときに、身内や家族からバレる心配もなくなるでしょう。

もし、写真加工だけでは心配な場合、ホームページへの写真掲載自体を拒否することもできます。指名数は減ってしまう可能性が高いのですが、これならインターネットを見た人から身内バレすることはありません。

ホームページに掲載する写真は、自分に指名を集めるための宣伝材料です。しかし、それによって身内バレしては困ってしまう人もいると思います。写真加工や掲載拒否など、自分が納得できる手段を考えてみてください。

派遣NG・お客様確認

デリヘルはラブホテルへ派遣するため、誰が利用しているかわかりません。対面した瞬間、知り合いだったら今後困ることも多いはずです。そこで、このようなリスクを避けるため、派遣NGエリアの指定や対面直前のお客様確認で対策するデリヘルもあります。

まずは派遣NGエリアの設定による対策です。自分が住んでいたり働いていたりする地域を派遣NG指定とすることで、知り合いに会う可能性を減らせます。仮に、お客様からホームページ上で指名があっても派遣を避けられることがポイントです。

対面直前のお客様確認は一部のデリヘルで導入されています。たとえば、ラブホテルの部屋の入口でお客様に目をつぶって立ってもらい、女の子が確認するという方法です。ギリギリまで知り合いかわからないのでプレイ開始直前でNGになるので仕事がなくなるリスクもありますが、身内バレしてしまうよりはよいでしょう。

派遣NGエリアの指定やお客様確認は、身内バレを防ぐための有効な手段です。ただし、これらの方法に取り組んでいないお店も少なからずあります。風俗求人を探して面接を受けるとき、どのような方法でプライバシー保護や身内バレ対策に努めているかは確認するようにしてください。

アリバイ会社

アリバイ会社は、風俗店で働いていることを身内からバレないようにするものです。一般企業と変わらない名前なので、もし自宅や外出先で給与明細や名刺を見られても、身内からバレるリスクは低くなります。よくあるアリバイ会社からの書類のケースと注意点について見てみましょう。

まずは給与明細です。アリバイ会社の名義で発行するとともに、給与も20~30万円程度に設定されています。デリヘルで働くと月収100万円を超えるケースもあるため、もし身内に見つかると怪しまれる可能性が高いです。しかし、上記のような給与額なら怪しまれることはありません。公的書類としては使えませんが、自宅に置いてあっても問題はないでしょう。

名刺についてもさまざまな工夫をしています。社名はもちろんのこと、記載されているメールアドレスや電話番号は、あなたやあなたが働いている風俗店につながります。もちろん、アリバイ対策用の会社なので受付対応も一般会社のような対応です。稀に実在しない会社の電話番号やメールアドレスを使っているケースもあるため、お店に確認しておくとよいかもしれません。

ほとんどのお店で取り組んでいますが、アリバイ会社がある風俗店は安心して勤務できます。連絡が来ることもあるので、実在する会社か架空の会社かは確認しておくとよいでしょう。

女の子を守る風俗求人

デリヘルは高収入が稼げる仕事です。しかし、身内からは好印象を持たれるとは限りません。仕事はしたいけど、身内には働いていることを隠したいと考える人もいると思います。そこで、デリヘルで女の子のプライバシーを保護する方法について見てみましょう。

定番なのはアリバイ会社によるプライバシー保護です。給与明細や名刺をアリバイ会社名義としているので、会社名を見られてもすぐにバレる心配はありません。ただし、万が一家族から電話やメールが来たときは実在する会社か架空会社かでバレるリスクが変わるため、こちらはお店に確認しておくとよさそうです。

次に、派遣NGやお客様確認を見てみましょう。派遣NGによって知り合いに出会わなそうな地域での仕事を避けたり、対面直前のお客様確認で知り合いと出会わないようにしたりと、デリヘルごとに身内バレ対策に取り組んでいます。事前にお店側のプライバシー保護対策を確認しておくとよいでしょう。

ホームページに掲載する写真の加工や掲載拒否もプライバシー保護のひとつです。たとえば、ホクロやアザを隠したりスタイルを変えたりして、本人であることがわからないようにします。それでも不安な場合、ホームページからの指名は減ってしまいますが、写真掲載自体を拒否するのもよいかもしれません。

当サイトは女の子がデリヘルで働きやすいよう、お店側がどのような努力をしているかをまとめました。風俗求人へ応募する前、ぜひ覚えておいてください。