女の子を守る風俗求人

デリヘルは高収入が稼げる仕事です。しかし、身内からは好印象を持たれるとは限りません。仕事はしたいけど、身内には働いていることを隠したいと考える人もいると思います。そこで、デリヘルで女の子のプライバシーを保護する方法について見てみましょう。

定番なのはアリバイ会社によるプライバシー保護です。給与明細や名刺をアリバイ会社名義としているので、会社名を見られてもすぐにバレる心配はありません。ただし、万が一家族から電話やメールが来たときは実在する会社か架空会社かでバレるリスクが変わるため、こちらはお店に確認しておくとよさそうです。

次に、派遣NGやお客様確認を見てみましょう。派遣NGによって知り合いに出会わなそうな地域での仕事を避けたり、対面直前のお客様確認で知り合いと出会わないようにしたりと、デリヘルごとに身内バレ対策に取り組んでいます。事前にお店側のプライバシー保護対策を確認しておくとよいでしょう。

ホームページに掲載する写真の加工や掲載拒否もプライバシー保護のひとつです。たとえば、ホクロやアザを隠したりスタイルを変えたりして、本人であることがわからないようにします。それでも不安な場合、ホームページからの指名は減ってしまいますが、写真掲載自体を拒否するのもよいかもしれません。

当サイトは女の子がデリヘルで働きやすいよう、お店側がどのような努力をしているかをまとめました。風俗求人へ応募する前、ぜひ覚えておいてください。