派遣NG・お客様確認

デリヘルはラブホテルへ派遣するため、誰が利用しているかわかりません。対面した瞬間、知り合いだったら今後困ることも多いはずです。そこで、このようなリスクを避けるため、派遣NGエリアの指定や対面直前のお客様確認で対策するデリヘルもあります。

まずは派遣NGエリアの設定による対策です。自分が住んでいたり働いていたりする地域を派遣NG指定とすることで、知り合いに会う可能性を減らせます。仮に、お客様からホームページ上で指名があっても派遣を避けられることがポイントです。

対面直前のお客様確認は一部のデリヘルで導入されています。たとえば、ラブホテルの部屋の入口でお客様に目をつぶって立ってもらい、女の子が確認するという方法です。ギリギリまで知り合いかわからないのでプレイ開始直前でNGになるので仕事がなくなるリスクもありますが、身内バレしてしまうよりはよいでしょう。

派遣NGエリアの指定やお客様確認は、身内バレを防ぐための有効な手段です。ただし、これらの方法に取り組んでいないお店も少なからずあります。風俗求人を探して面接を受けるとき、どのような方法でプライバシー保護や身内バレ対策に努めているかは確認するようにしてください。